JPマーケティング株式会社

メールでのお問合せ

消費税リバースチャージ方式と国外事業者申告納税方式の実務

消費税リバースチャージ方式と国外事業者申告納税方式の実務
商品名 消費税リバースチャージ方式と国外事業者申告納税方式の実務
商品番号 0143-01
販売価格 20,000 円+税
個数
※配送は、基本的に土日祝日を除いた翌営業日です。
カートに入れる
国境を越えた役務の提供に関する消費税の取扱いをこの講座だけでマスターすることができます。

近年、国境を越えた役務の提供に関する取引が非常に増えてきています。特にデジタルコンテンツに関しては、様々な取引形態が発生しているために、取扱いの判断に迷うポイントが多々有ります。取扱いを間違えると課税上不利益を被ってきます。そこで、この講座では国境を越えた役務の提供に対する消費税の取扱をリバースチャージ方式と国外事業者申告方式で解説します。

〔この講座のポイント〕

・改正前・後の内外判定の基準と注意点
・わかりやすい課税区分の仕方
・電気通信利用役務の提供の範囲と注意点
・電気通信利用役務の提供に該当しない取引
・事業者向け電気通信利用役務の提供に関して
・リバースチャージ方式を適用する場合の注意点
・消費者向け電気通信利用役務の提供に関して
・国外事業者申告納税方式の注意点
・国境を越えた役務の提供の取扱いのまとめと注意点
・電気利用役務の提供を国内・国外利用者がどのように取り扱うか
・経理処理の注意点とは
・リバースチャージの適用判断時期
・国外事業者が行う芸能・スポーツ等に係る消費税課税方式の見直し
・会計検査院の指摘事項と注意点


収録時間 3時間 ◆DVD版 DVD1枚+CD3枚+詳しいテキスト
⇒ 特別価格 20,000円+税

[タイトル]間違えやすい地方税の実務徹底解説
[講師名]金井恵美子
[ジャンル]税務、消費税
[発売月]2016-5


〔講師紹介〕

金井恵美子 税理士
関西を中心に税理士として活躍。特に消費税に関しての深い見識は企業のみならず、同業の税理士からも高く評価されている。また、著書や講演も評価の高い人気講師である。


〔主要項目〕

◇ 改正前・改正後の取扱い
◇ 用語の定義をどう捉えるか
◇ 資産の譲渡又は貸付の内外判定の基準
◇ 消費税の輸出免税を理解するには
◇ 国境を越えた役務の提供様々な取扱い
◇ 誤りやすい事例
◇ 本文の解説に関連する図表を数多く取り入れています