JPマーケティング株式会社

メールでのお問合せ

平成22年、23年消費税改正と間違えやすい実務のポイント

平成22年、23年消費税改正と間違えやすい実務のポイント
オススメ
商品名 平成22年、23年消費税改正と間違えやすい実務のポイント
商品番号 0058-01
販売価格 20,000 円+税
個数
※配送は、基本的に土日祝日を除いた翌営業日です。
カートに入れる
平成22年、23年と消費税の改正がありましたが、これらの改正が実務にあたえる影響をわかりやすく解説します。第2部では税理士や実務家の方々から寄せられた消費税の質問事例の中から、実務で間違えやすいポイントを取り上げ岩下先生が解説します。第3部で6月に確定した平成23年度税制改正を所得税、法人税、相続税それぞれのポイントごとに解説します。

〔講座のポイント〕

〔消費税の改正〕
◇消費税の仕入控除税額の調整措置に係る適用の適正化
◇消費税の事業者免税点制度における免税事業者の要件の見直し
◇課税売上割合95%の適用事業者の制限
〔消費税相談事例の中からの解説〕
◇簡易課税制度を選択していた課税事業者の被相続人が、死亡し相続が開始した場合の取扱い
◇臨時的な非課税売上が発生した場合の取扱い
など 39の事例
〔平成23年度税制改正のポイント〕
確定した平成23年度税制改正のポイント

収録時間 3時間 ◆DVD+テキスト
定 価 20,000円+税

[タイトル]]平成22年、23年消費税改正と間違えやすい実務のポイント
[講師名]岩下忠吾
[ジャンル]消費税、税制改正
[発売月]2011-09

〔講師紹介〕

税理士 岩下忠吾
平成元年の消費税導入から、消費税に関して数多くの執筆・講演を行い、わかりやすい解説が数多くの実務家から支持されている。



〔主要項目〕

◆平成22年消費税改正と実務のポイント
◆平成23年消費税改正と実務の注意点
◆税理士・実務家からの相談事例の紹介
【事例1】~【事例39】
◆確定版 平成23年税制改正のポイント
・所得税、法人税、相続税の注意点