JPマーケティング株式会社

メールでのお問合せ

改正消費税の経過措置と実務対応の重点ポイント

改正消費税の経過措置と実務対応の重点ポイント
オススメ
商品名 改正消費税の経過措置と実務対応の重点ポイント
商品番号 0080-02
販売価格 20,000 円+税
個数
※配送は、基本的に土日祝日を除いた翌営業日です。
カートに入れる
消費税法が改正されるに当たり、指定日・施行日をまたぐ取引が多数発生します。それにともない実務処理を間違うケースが数多く発生してきます。この講座では、消費税改正にともなう様々な取引に関して、重要点・間違えやすい点を中心に解説します。
また、税務調査の際に調査官がどのような点に注意して調査するかについても調査官の視点に立って解説しますので、消費税のうっかりミスがなくなります。

〔講座のポイント〕

◇資産の譲渡等が行われた日に関して
◇適用税率の原則と注意点〔決算締切日が事業年度末でない場合、保守料の一括徴収、短期前払費用、適用税率を誤った場合〕
◇経過措置の解説〔旅客運賃等、電気料金等〕
◇工事の請負等の経過措置と書面による通知義務
◇長期大規模工事等に関する経過措置と工事の請負等の関係
◇資産の貸付に関する経過措置の注意点
◇〔指定役務の提供、長期割賦販売等、売上返還・仕入返還〕に関する経過措置のポイント
◇〔貸倒れ、予約販売、特定新聞、通信販売〕に関する経過措置
◇負担増になるケースと事前対策

収録時間 3時間
◆DVD版 DVD+CD+レジュメ
定価 20,000円+税

[タイトル]]改正消費税の経過措置と実務対応の重点ポイント
[講師名]佐々木みちよ(あいわ税理士法人)
[ジャンル]相続・資産税、所得税
[発売月]2014-3

〔講師紹介〕


佐々木みちよ(あいわ税理士法人)
消費税をはじめとして各種税法に明るく、クライアントのみならず、同業の税理士から非常に高い評価を受けている。また、執筆・講演も非常に好評である。


〔主要項目〕

・施行日と指定日
・資産の譲渡等が行われた日に関して
・適用税率の原則と誤った場合の対応
・経過措置の対応策
・負担増になるケース
・事前対策